ブログ

補償割合の高いペット保険ランキング

husky-467706_1280

もしものときに、何割補償されるの?

DSC_0465

しかし近年では、ペットが安心して医療を受けることができる「ペット保険」が、次々に登場しています。
その種類の豊富さに、どの保険に入ればいいのか迷ってしまうという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ペットの保険を選ぶ時に気になるポイントの1つは、「何割補償されるか」ではないでしょうか。

人間の健康保険の場合は、現在では国民健康保険も社会保険も、現役世代は3割負担です。
しかしペット保険の場合は、保険会社や保険の契約内容によって、補償割合が変わってくるのです。

その中でも注目は、診療費のなんと100%が補償されるペット保険の存在です。

補償割合が50%などの保険と比べると、月々の保険料の支払額は若干割高とはなりますが、病気や治療内容によってはペットの医療費はかなり高額となることもありますので、それを考慮すれば非常に安心できる補償内容ですね。

husky-467706_1280

補償割合の高いペット保険

「補償割合の高いペット保険ランキング」で堂々の1位に輝いた「ペットメディカルサポート」は、ペットの医療費の補償割合が「50%」「70%」「100%」から選べるようになっているのが特徴です。

更に、1回の診療費の制限がないため、ちょっとした風邪や怪我でも保険が利用できる保険金請求の手続きから平均3.6日で保険金が受け取れるなど、補償内容の充実ぶりも、人気の理由です。

通院回数が多くなっても、手術などを受けても、それによって保険料が上がることがないのも嬉しいですね。

medical-563427_1280

また、同ランキングで同率1位に輝いたのが「日本アニマル倶楽部」「プリズムコール(R)」です。

この保険の特徴は、補償割合が100%ということです。
診療費100%補償のペット保険はここだけ、しかも保険料は、例えば小型犬なら15歳まではずっと変わらず、月々の支払も安心です!

更に犬や猫だけでなく、その他の小動物や鳥類、爬虫類(!)など、対象となるペットの種類が多いこと、「多頭割引」があり、2〜3頭の同時加入なら保険料5%引き、4頭以上なら8%引きになるなど、他のペット保険には見られない嬉しいサービスが満載です。

20140610y

ペットも人間も、今は健康でも、数年後のことは分かりません。

我が家の猫も、5歳くらいまでは特に健康上の問題がなかったため、ペット保険には入っていませんでした。
しかし6歳を過ぎる頃から、腎機能障害、糖尿病、尿路結石症など、長期の通院が必要な病気に次々とかかってしまいました。

これらの疾患の治療には金銭的な負担がかなりかかる上、腎機能障害や糖尿病は特定疾患に該当するため、かかってしまってからではペット保険に入ることができなくなります。

健康に問題がない時だからこそ、ペット保険の加入を考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事


いぬねこ写真館・レビュー

いぬひかり・ねこひかり を食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る