ブログ

ドッグフードが合わないときの対策法

ssk_minatabokkowosururetoribar_tp_v

ドッグフードの合う合わないとは?

病気というわけではないけれど、おなかが緩い。戻してしまう。皮膚があれているという愛犬の状態に悩んでいらっしゃる飼い主さんは多いかと思います。病気であるとはっきりした原因がわからない場合があるかと思います。そういった場合ドッグフードを変えると体調が改善したということがあります。では、体質に合うペットフードをどのように見分ければいいのでしょうか?どんなペットフードなら体調に合いやすいのでしょうか?

ペットフードによるアレルギーとは?

特に原因がないけど軟便気味である。皮膚にかゆみがある。涙が多いなどの場合アレルギーの可能性があります。強く症状が出ていないとしても軽度のばあい、このような症状が慢性的に続いていきます。

ペットフードは価格を抑えかつ、栄養やカロリーをしっかりとれるように小麦など穀類を使用しているケースが多くあります。それらの穀類はアレルギーを引き起こしやすいです。人間でも小麦アレルギーという人は結構いますよね。また犬には小麦などの穀類は栄養としては少し利用しにくいものとなってます。

また、ドッグフードは香りを強くして食欲をそそるように作るため多めの油を使っていることがあります。哺乳類は油も取り入れなければなりませんが、質のいい油以外を取り入れると肥満の原因になったり体調の不調を誘発する原因になりかねません。

療法食にしたら食べなくなった

アレルギーなどの症状がひどい場合は療法食にする場合があります。その場合多くの飼い主さんが悩むのは食べなくなってしまったと言う事かと思います。療法食は香りがあまりなかったり、味がおいしくないため食いつきが悪くなってしまうことが多くあります。

療法食にするほどではないけど・・・

強い症状が出ているわけではないので療法食まではいいかなという場合、普通のペットフードで何か健康にいいものがあればなとお考えの方もいるかと思います。栄養価が高く犬が効率的に利用できる栄養素を持っている素材を使い、食いつきをよくするための不必要な油や香り付けを行っていないフードは何かあるのでしょうか?

健康志向のナチュラル系ドッグフードなら、そういった無駄な添加物を入れていないフードがあります。食べ物からくる皮膚の肌荒れや消化器系の不調はこういったフードを与えていることで防ぐことができます。

また、療法食のように香りがない、まずいと言う事はなく良質な素材そのものの味をよく感じることができます。食いつきも非常に良い場合が多いため食べないという困った事態に陥ることが少ないです。手作りフードにするという手もありますが、そうすると栄養が偏ることもあるのでこうした天然素材を使ったフードを試してみるとよいでしょう。

いぬひかりは無添加の安心安全にこだわったナチュラルなドッグフードです。肌荒れやお腹が常に緩いなどアレルギーのような症状が出ている・涙やけがひどいといった場合ドッグフードが原因になっていることがあります。もしそうなら無添加のいぬひかりに変えることで改善する場合があります。病気でもないけれどなんとなくペットフードがあっていない気がするという方は是非一度いぬひかりをお試下さい

nekoikari_sample

関連記事

月々460円からのペット保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る