ブログ

小麦アレルギーの愛犬と飼い主に朗報!小麦を含まない「いぬひかり」

wheat-field-640960_1920

犬にもあります!小麦アレルギー

人間同様、ペットも食物アレルギーになることは「ペットを悩ませる、食品アレルギーについて」の項目でも触れました。

アレルギーを引き起こす食材には卵、牛乳などをはじめ、様々な物がありますが、その中でも意外に多いのが「小麦」によるアレルギーです。

wheat-field-640960_1920

これについては人間も同じで、小麦によるアレルギーは牛乳や卵に次いで多いとされています。
犬も人間も、今まで小麦を含む食品を食べても問題なかったのに、ある日突然アレルギーになってしまうため困りものです。

小麦アレルギーを持つ犬には、何とかして小麦を含まないドッグフードを食べさせたいところですが、市販の多くのドッグフードには、つなぎとして小麦粉が使用されていることが多く、飼い主の頭を悩ませているのが現状です。

また、小麦には「グルテン」というタンパク質の一種が多く含まれています。
これは麺類やパンなどを作るために欠かせない成分ですが、犬はこのグルテンを消化するための酵素を持っていません。

犬の祖先は元々肉食性なので、消化器の仕組みが穀物を消化するようにはできていないのです。

dog-1398585_1920

このことも、犬が小麦によるアレルギーを起こしやすいことに関連しています。

なぜ小麦の含まれているフードが多く出回っているの?

アレルギーの原因になりやすく、消化にも良くないことが知られているにもかかわらず、なぜ小麦粉の含まれているドッグフードはこんなにも多く市販されているのでしょうか?

それは、小麦粉はどのような食材のつなぎにも使いやすい上、価格も比較的安定しているため、安価なドッグフードを量産することに役立つからです。

実際、安い価格で販売されているドッグフードの裏面の成分表示を見ると、最初の方に記載されていることが多く、フードの成分の割合の多くを占めていることが分かるでしょう。

つまり肉を使った場合に比べ、低コストでドッグフードを生産することができるのです。

ドッグフードが低価格で購入できることはありがたいことではありますが、愛犬の健康や安全を考えると、それが良いことであるとは言えません。

小麦を含まないドッグフードなら

「いぬひかり」は、そのような愛犬の健康に悪影響を及ぼす恐れのある小麦を含まないドッグフードです。

その原料の食品としての安全性は、なんと人間が食べても大丈夫(!)というくらいだから、驚きです。

dog-2210717_1920

私達人間が食べているのと同じレベルの安全な食材から作られている「いぬひかり」の無料サンプルは、今なら無料でお試しいただけます。

サンプルのお申し込みはこちらから

dhatomugi


inuhikari_sample

愛犬の小麦アレルギーにお悩みの飼い主さんも、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

獣医師がつくったペット医療保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る