ブログ

猫にとってのビタミンとは

cat-1325494_640

こんにちは!国産無添加ペットフード通販「いぬねこひかり」でございます。猫にとってのビタミンの役割とはなんでしょうか?
そもそもビタミンには二種類あります。一つ目が油溶性ビタミンと言われていて摂取すると体内に蓄積されるビタミンです。蓄積されるということはつまり過剰に摂取すると猫にとって有害なものになる可能性があります。二つ目が水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンは体内に蓄積されず不要な分は尿中に排泄されます。

ビタミンAとはどんな効果?

carrot-juice-1623157_640 (1)
ビタミンAは油溶性ビタミンに分類されます。よって過剰に摂取することは健康にとってよくありません。しかしながらペットフードに含まれている適正量のビタミンAはとても重要な役割を果たしています。視力の維持、皮膚・皮毛の維持、骨の発達など成長の基礎に繋がるものなのです

ビタミンEとはどんな効果?

cat-451377_640
ビタミンEは脂肪の酸敗を防ぎ、正常な繁殖機能を助けます
猫がビタミンEを不足した状況に陥ると黄色脂肪症という病気を引き起こす可能性があります。ビタミンEも油溶性ビタミンなので過剰摂取は良くないですが適正量与えないといけません。

ビタミンB2とはどんな効果?

cat-1455463_640
ビタミンB2は水溶性ビタミンに分類され、毎日摂取することが求められます。
その効果としては、神経機能、体内エネルギーの利用、組織の修復などです
水溶性ビタミンなので不足しがちなものではありますが、欠乏すると、体重減少、神経障害などを引き起こします。ビタミンB2は猫にとって、とっても大切なビタミンなのですね!

まとめ

なんとなくビタミンは大事な栄養素ということを認識をしていたかもしれないが、その中でも役割や種類があることを知って、用法用量を守って使用しないといけない。

食事に十分含まれていればサプリメントでわざわざ補う必要はありません。ねこひかりは適切なバランスでビタミンを配合しています
nekoikari_sample

関連記事

アクサダイレクト生命保険【Springキャンペーン】

年齢と性別の選択のみで保険料のシミュレーション開始
アクサダイレクト生命保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る