ブログ

犬に菜種油は与えても大丈夫?膿皮症など皮膚トラブルに効果的?

oilseed-rape-761439_640

多くのドッグフードは油で香りを付けて、食いつきを良くしようとしています。その場合に使われている油というのはたいていそこまでいい品質のものではありません。すぐに酸化したりもするので、あまり安全とも言い難いです。アトピーなどの皮膚トラブルを引き起こしたりアレルギーなどの引き金にもなる場合があります。毎日とるのにはちょっと抵抗のあるものです。ですが質の良い油は健康な体作りに役立ちます。

犬に菜種油を与えても大丈夫?

大丈夫です。油と言うとあまりいい印象を持たれない方も多いかもしれません。しかし効率的にエネルギーを作り出すのは大切ですし、必須脂肪酸と言って体に必ず取り入れなくてはならない脂もあります。太るというイメージがあるかもしれませんが、質の良い油を適量取り入れるだけでは太りません。偏った食生活や糖質・炭水化物・質の悪い油をたっぷり使った食べ物を食べ続けることが原因である場合が圧倒的に多いでしょう。

菜種油などの質の良い油は健康的で肌にハリがあり、エネルギーに満ち満ちている体作りには欠かせません。いぬひかりでは油を選ぶ際に菜種油を選びました。どうして菜種油をドッグフードの中に入れようと思ったのか、菜種油の健康効果をご説明します。

菜種油は安定した成分を保てる

oil-1773835_640
ドッグフードの場合、加熱処理されて実際に愛犬が食べるまでそれなりに日にちが空きます。まとめ買いした場合、最後のドッグフードを食べるまでにさらに日数が空きます。菜種油は生の状態でも加熱しても成分の変化が少ない安全で良い油です。オレイン酸が非常に多く次いで、リノレン酸やリノール酸が多く含まれています。

オレイン酸の役割

puppy-2022351_640
オレイン酸は活性酸素と結びつき動脈硬化や高血圧などの予防改善に効果が期待できます。長生きするワンちゃんが増えているのでこうした生活習慣病でよくある病気を防ぐことができるのはうれしいですね。

それだけでなくオレイン酸は保湿効果や皮膚細胞の働きを助けたりもするので、乾燥肌などで痒がっていたリする場合食べ続ければ改善されるかもしれません。菜種油は皮膚被毛の健康にとって非常に良いのです。

リノレン酸の役割

dog-show-733637_640
リノレン酸は被毛を美しく保つのに役立ちます。アレルギーやアトピーの緩和にも効果があるとされています。原因を突き止めるのが難しいアレルギーやアトピーでも、体質改善できるかもしれませんね。また、人間の場合は乳がんの抑制に効果があったという研究結果があるなど健康にいい油の成分として知られています。

また、犬はリノレン酸を変換して、DHA/EPAを作り出したりします。脳や神経にも良い作用があるといわれています。

一般的なドッグフードにはオレイン酸は多いです。しかしリノレン酸などは少し少ない量しか入っていない場合が多いので、意識して取るようにしたいですね。菜種油以外の油であればアマニ油などに多く含まれています。ちなみにこれらの成分を取り入れることにより皮膚の状態が改善して、膿皮症など皮膚トラブルが緩和・改善されたというケースもあるようです。もちろん油の摂りすぎは良くありませんが、意識しすぎて油を抜きすぎていないか確認しましょう。

絶対に必要なのですが、体で作り出せない脂肪酸もあるのでワンちゃんの食べる物にはこうした油を入れて補うといいですね。手作りフードを作るときにも体の大きさに合わせて入れてみてください。

dnatane
nekoikari_sample

関連記事

月々460円からのペット保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る