ブログ

犬にパセリを食べさせても大丈夫?口臭にも効果的な祖の与え方は?

a0002_001708

犬にパセリを食べさせても大丈夫?

問題はありません。大丈夫です。犬にパセリを食べさせるなんて意外と思われるかもしれませんが、犬が食べても大丈夫なハーブ類はそれなりに沢山あります。実はパセリは少量でかなりの栄養があるのでぜひとも食べてみてほしい食材のひとつです。

血管を守ってくれる

dog-214241_640

パセリにはβカロテンが豊富に含まれています。そのβカロテンは血管や細胞を傷つける活性酸素を抑制してくれます。血管を健康な状態に保ってくれるので、血管・血液に関係する病気の予防に効果的と考えられています。

またカリウムも多く含まれているのですが、余分なナトリウムや水分を体の外に排出してくれるので血圧を下げて高血圧などの予防ができます。

そしてパセリの葉緑素であるクロロフィルは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。これにより血液がきれいになるという効果も期待できます

それだけでなく、クロロフィルにはつよい殺菌効果もあります。生魚などにパセリが添えられているのはそのためなんですね。食あたりなどの予防となります。

精神面でもいいらしい

dog-643638_640
抗酸化作用を期待できる成分はほかにもあってアピインというものがあります。パセリに入っているアピインはさまざまな働きをしていて、抗酸化作用以外では血圧を安定させたり精神的な不安を和らげたりする働きがあります

精神不安を安定させる働きがあるのは面白いですね。

犬でも様々なストレスを抱えるようになりました。もちろん根本的に原因を取り除いたりしなければなりませんが、犬にもこうしたリラックス効果が期待できます。野菜なのであまり多量に食べさせるわけにはいきませんが、神経質なこなら少し与えてみるのも良いかもしれませんね。

皮膚や粘膜の保護

lunas-eyes-and-the-snow-flakes-1133707_640
パセリはビタミンCとカロテンの量が野菜の中でぶっちぎりです。これらの成分は粘膜を綺麗な状態に保ってくれます。粘膜というとあまりピンと来ないかもしれませんが、消化器官などもこれにあたります。

食べ物を消化して栄養を取り入れる場所が健康だと、しっかり栄養を取り入れることができます。おなかをすぐ壊すワンちゃんも多いと思いますが、おなかを壊すと脱水症状などにも注意しなければなりません。体質的にどうしても弱いワンちゃんもいますが、健康なワンちゃんであったとしても疲れていたりするとどうしても体調を壊しやすいので日頃から健康を維持できる食材を取り入れていきたいですね。

食欲不振などにも効果があるので、季節の変わり目で元気がないというワンちゃんにはぜひ食べさせたいですね。

抗酸化作用も期待

puppy-1221791_640
パセリにはビタミンEが多く入っています。ビタミンEは食品などの酸化を防ぐ酸化防止剤としても使われるほど強い抗酸化作用を有しています。動物の体内で酸化?と思われるかもしれませんが、細胞も酸化します。これは活性酸素と呼ばれるものの働きが原因です。ビタミンEは活性酸素とすぐに結びつくので、活性酸素が細胞を傷つけないようにしてくれます。

活性酸素は老化全般の原因と言われ、白内障やがん・アルツハイマー病ともかかわっているといわれています。活性酸素とビタミンEが結びつくことにより、これらの不調をおきないようにしてくれるのではと期待されています。

ビタミンと老化の関係はまだまだ研究途中ですが、継続的に取り入れるなら健康増進に期待ができるのでこまめに取り入れたいですね。

愛犬の口臭にも

パセリをティースプーン1杯程度みじん切りにし、生の状態でご飯にかけると殺菌作用により犬の口臭予防に効果的です。あくまで一時的なものですが気になる方は試してみてください。

ちなみに犬の口臭があまりにもひどい場合、内臓系の病気や歯周病等治療が必要な病気である場合があります。2~3日以上異常な口臭がする場合は病院できちんと検査を受けてみましょう。

パセリをあまり買わないので与える機会がないという場合、すでにパセリなど野菜の入ったいぬひかりはいかがでしょうか?鶏肉をメインにビタミンやミネラルの多い野菜を配合しワンちゃんの健康をサポートします。

dpaseri

nekoikari_sample

関連記事

月々460円からのペット保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る