ブログ

ペットフードの添加物の安全性について

food-bowl-281978_1280

こんにちは!国産無添加ペットフード通販「いぬねこひかり」でございます!

注意が必要なペットフードの原料と添加物

ペットフードは現在、様々な所で購入することができる時代となりました。
お値段も100円ショップで買えるようなリーズナブルな物から、少し高価な物まで、色々あります。

food-bowl-281978_1280

しかし皆さん、愛犬・愛猫に普段あげているフードの、成分表示まで注意深く見てみたことはありますか?

フードによっては、ペットの健康のことを考えて作られたものもあります。
ですが、安価なペットフードの中には、信じがたい量の添加物が含まれているものもあり、注意が必要です。

人間用の食品の場合は、危険な添加物等は使用量などに規制が設けられている場合もありますが、ペットフードの場合は規制がないため、言ってみれば「やりたい放題」な面があるのです。

人間でも、食品添加物の人体への影響が何かと話題に上がっていますが、安く販売されているフードには、安いなりの理由があると心得ておくのが、賢明でしょう。安いドッグフードやキャットフードにはどのような添加物が入っていることがあるのでしょうか?

心配される、添加物のペットへの影響

さて、ペットフードの多くには食品添加物が含まれています。
長持ちさせる為の「酸化防止剤」、色合いを鮮やかに見せる「着色料」、ペットフードへの食いつきを良くする為の「甘味料」など、その目的も様々です。

pet-food-1019008_1280

もちろん、一口に食品添加物といっても全てが害のある物というわけではなく、ビタミンやミネラル由来の天然成分を使用しているものもあります。

しかし、体の小さなペットに悪影響を与える可能性のある成分を含む物もあるため、注意が必要です。

その中で、特に危険性が高いと懸念されている添加物を、以下にまとめました。

●エトキシキン
非常に強力な高酸化作用を持ち、酸化防止剤として海外のドッグフードなどに使われていることのある成分です。
ですがこの成分は、日本では使用が認められていません。
なぜならば、この成分はベトナム戦争の際に、アメリカ軍が使用した「枯葉剤」の酸化防止に使われていた成分だからです。
戦争に使われ、多くの被害者を出したような薬に含まれていた成分ですから、ペットに対しての発がん性や皮膚病などのアレルギーの発症リスクなどが危惧されています。

●BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
本来は、ガソリン用の酸化防止剤として使用されていた成分ですが、バター・マーガリン・魚介の冷凍食品などに食品添加物として使用することが、限定的にですが認められています。
しかしこれも、投与されたマウスが数分で死亡した例もあり、また発がん性も危惧されています。

●BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
元々は、石油系の酸化防止剤として使用されていた成分です。
食品添加物としては、ガムや冷凍食品などに使われていますが、こちらも発がん性があるとされています。

●着色料
赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号など、タール色素に分類される合成着色料の健康への影響が懸念されています。
タール色素とは、石油由来の色素成分ということで、発がん性、アレルギーの発症、内臓や甲状腺への影響などがあると言われています。

●甘味料

甘味料として使われている成分の中には、ソルビトールキシリトールコーンシロップなど、私達が耳にしたことのある成分もあります。
しかし、蜂蜜などの天然由来のものならともかく、これらの合成甘味料ををペットに与えることには、注意が必要です。

dscn0400-%e5%b0%8f%e5%9e%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

特に危険なのは、ソルビトールとキシリトール、それにグリシリジン・アンモニエートなどです。
ダイエット甘味料として知られるソルビトールは、大量摂取によって人間が亡くなったケースもあります。
キシリトールは「歯に優しい」と言われる甘味料ですが、ペットには血糖値の低下、腎不全、嘔吐、呼吸困難等を引き起こすリスクがあるため、決して与えてはいけません。
グリシリジン・アンモニエートは、そもそも安全性が確認できていないことから、人間への使用が認められていません。
人間が食べてはいけない物を、もっと体の小さなペットに与えてはいけません。とはいいつつ、今お使いのドッグフードまたはキャットフードにこれらのうちのどれかが入っている可能性もゼロではないのです。

まとめ

手軽に入手できるようになったペットフードですが、こうして改めてまとめてみると、注意しなければならない添加物が人間の食べ物と同じくらいあることがお分かりいただけると思います。
安価なペットフードを与える前に、今一度、フードのパッケージの原材料・成分表示を確認しましょう。ドッグフード・キャットフードの成分を確認することは、愛犬・愛猫の健康ひいては愛犬・愛猫の命を救うことにもなるのです。

安全なドッグフードを探したいという方は、人もだべることのできる品質にこだわったいぬひかりはいかがでしょうか?無添加で新鮮な食材を使うことにこだわりました。お試用のサンプルがございますので、是非一度お試下さい。
nekoikari_sample

キャットフードもご用意してございます。
nekoikari_sample

関連記事

月々460円からのペット保険

いぬねこ写真館・レビュー

いぬ・ねこひかりを食べてくれたワンちゃん・ネコちゃん達

ヒューマングレードの原材料
徹底した衛生管理で製造しています

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る